亀岡みらいパース

~みんなで作ろう 亀岡の未来図~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツバメ調査2015 関連イベント報告

亀岡ツバメ調査2015関連イベントの報告です。

8月1日(土)のツバメイベントは午前の部、夕方の観察会とも無事終了しました。

講師を務めていただきました八木昭さん、福井重数さんから亀岡のツバメの状況について詳しくお話しいただきました。
ツバメ折り紙の講師として、松尾桂三さんが京都市内からお越しくださいました。
どうもありがとうございました。

10407488_488752611291528_2798149438871133847_n.jpg


11222460_488752954624827_2196112051306043567_n.jpg



[お話の概要]
ツバメは亀岡には3月上旬くらいからやってきて、オスが巣作りを始め、その後メスがやってくる。のどの赤色が濃いのがオスで、尾が長いオスほどもてる。

亀岡で巣を作るツバメは3種類いて、ツバメ、コシアカツバメ、イワツバメだがイワツバメが確認されたのは近年のことで4,5年前くらいに営巣していることに気づいた。

ツバメというのは野鳥を観察している人たちでも見ているようであまり見ていなくて、生態が知られていない部分が多い。

ツバメが民家に巣を作ることが多いの対し、コシアカツバメは公共施設に巣を作ることが多い気がする。

ねぐらの場所もあまりわかっていないが、ツバメが夜7時くらいに飛んでいく方向をみんなで調べてみればねぐらの位置をつきとめられるだろう。ぜひ、ねぐら調査にも取り組んでほしい。

[中間報告概要]
現在、272件の巣の情報が寄せられている。(※巣の位置の情報が重複している可能性がある)
旧亀岡町や矢田、千代川、大井の情報が多い。つつじなどは人が多く住んでいるが情報が少ない。

11224253_488752784624844_5938475950985890272_n.jpg


京都新聞に掲載されました。
11811449_488461684653954_3376618279346398567_n.jpg


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。