亀岡みらいパース

~みんなで作ろう 亀岡の未来図~

第3回亀岡ソーシャル大学 外国人観光客へのおもてなしとは

12314083_529683627198426_8893160385273407617_n 保津川下り

第3回亀岡ソーシャル大学

【タイトル】
外国人観光客への本当の「おもてなし」とは…
亀岡の観光未来図 〜これからの外国人観光客誘致(インバウンド)を考える!!


【日時】
2016年 1月31日(日曜日)
PM 13時30分〜17時00分


【場所 】
ガレリアかめおか 2階 和室(2部屋)
参加費200円


【定員】
50名ほど(当日先着順・会場のスペースに限ります。)


【講師】
●保津川遊船企業組合
理事長 豊田 知八さん

●あっちこっちプロジェクト
代表 真鍋 量さん

●天橋立観光協会
林 亦峰(リン イホウ)
台湾出身

●プロジェクト保津川
打表 原田 禎夫さん

日本に訪れる外国人観光客の増加の勢いが一段と加速しています!
2015年度の来訪者は過去最高を記録し、2016年度も更に増加すると思われます。
そんな中、国際観光都市として多くの外国人観光客が訪れる京都は、米旅行雑誌『Travel+Leisure』の読者投票で2年連続で「世界で最も魅力的な観光都市」1位に選ばれました。
そして、和食はユネスコの世界文化遺産に登録され、2020年には東京オリンピックが開催されるので、その波及も合間って更に多くの外国人観光客が京都に訪れることでしょう。
しかし、そんな外国人観光客ブームに沸き立つ日本ではありますが、少なからず問題の警鐘を鳴らす人が内外におられます。

例えば、
⚫︎このブームは一時的なもので、いつまでも長続きしないのではないか?
⚫︎ホテルなどの宿泊施設不足。
⚫︎Wi-Fiフリーの場所が少ない。
そして、
⚫︎言語問題など…

各自治体は、その改善や整備躍起になっています。

さて、私たちが住む亀岡はどうなんでしょうか?
そもそも外国人観光客に好まれる町なのでしょうか?
観光都市としての潜在能力と可能性はあるのでしょうか?
では、どうすれば多くの外国人観光客に来てもらえるのでしょうか?

そもそも、そのような対策自体が必要ないという意見もあるでしょう。

そんな亀岡の観光未来図を講師陣と参加者の皆様で、外国人観光客に対する本当の「おもてなし」について熱く語り合います!

ぜひ、ご来場下さい。

【問い合わせ】
亀岡みらいパース
電話:090-3619-5818(豊田(とよだ)))
電子メール:kamemira8@gmail.com
Facebook:亀岡みらいパース
Twitter:kamemira8

亀岡市支えあいまちづくり協働支援金交付事業
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。