亀岡みらいパース

~みんなで作ろう 亀岡の未来図~

亀岡ツバメ調査2016 調査協力のお願い

2015年に引き続き、今年も亀岡市内のツバメの巣の分布を調べます。
確認日、ツバメの巣を見つけた場所、ツバメの種類、(わかれば)ヒナの数もお知らせください。

今年は特定非営利活動法人プロジェクト保津川さんと一緒に調査を行います。
みなさまどうぞよろしくお願いします。

ツバメ調査2016 調査案内
ツバメ調査2016 調査票

ちなみに昨年、亀岡市で確認されたツバメは3種類でした。
 ①ツバメ(巣の形はお椀型で、民家の軒先に作ることが多いです。昨年、普通の家で確認された巣は全てツバメでした。)
 ②コシアカツバメ(巣の形はとっくり型で、大きな建物に作ることが多いです。昨年は総合庁舎や学校などで見つかりました。)
 ③イワツバメ(巣は天井にくっつくように作り、内陸では橋の下に作ることが多いです。昨年は橋の下で見つかりました。)

一つの巣から巣立つヒナの数は、都市化が進むほど減少することが、(公財)日本野鳥の会の調査で報告されています。
昨年の亀岡ツバメ調査2015で巣立ったヒナの数がわかっている巣はわずか21巣ですので、データ数として十分とはいえませんが、これらのデータから一つの巣あたりの巣立ちヒナ数を計算すると、4.38羽という結果がわかりました。
今年は巣立ちヒナのデータを増やし、亀岡の自然がツバメのヒナたちをどれくらい養えるのかも調べてみたいと考えています。

(公財)日本野鳥の会の「ツバメの子育て状況調査」の概要
2013年の調査では、巣立ちヒナ数と都市化との関係を分析し、都市では巣立ちヒナが少ないことを報告しています。村落での巣立ちヒナ数が4.28羽に対し、都市では3.87羽という差がみられます(巣の周辺1km四方中の建物用地の割合が20%未満を村落、80%以上を都市と定義しています) 。また同調査では、巣立ちヒナ数は、首都圏での郊外では4.4羽、近郊で3.9羽、都心で3.5羽という結果も報告されています。
出展:https://www.wbsj.org/nature/research/tsubame/result2013_tsubame.html


関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。